本文へスキップ

株式会社フューチャーソリューションズは、企業再生・M&Aをを通じて中小企業の発展を支援します。

  ●お問い合わせ・ご相談は   
 

経営革新等支援機関   安心相談・秘密厳守

TEL. 03-6206-8532


〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-1 神田クレストビル3F

メディア掲載MEDIA

2013年2月

週刊ダイヤモンド(2013.2.9号(2.4発売))の「ゼネコン特集」記事に当社代表取締役のコメントが掲載されました











2011年8月
コラム掲載 「経革広場」
  さいせいニュース「第二会社方式での留意点
2011年7月
実業の富山
連載「中小企業の生き残り術」  月刊 「実業之富山」 7月号
第7回 (最終回)中小企業のやるべきこと

     1.政府の資金繰り支援制度
     2.支援金額は国家予算規模
     3.金融円滑化法延長は誰のため?
     4.中小企業がやるべきこと
     5.収益改善をした事例(地場建設会社)

2011年6月
実業の富山
連載「中小企業の生き残り術」  月刊 「実業之富山」 6月号
第6回 事業リストラ〜事業撤退も選択肢
     
1.事業リストラ
     2.事業リストラに躊躇する経営者
     3.撤退基準
     4.事業撤退を選択した事例(スポーツ施設)


2011年5月
実業の富山
連載「中小企業の生き残り術」  月刊 「実業之富山」 5月号
第5回 民事再生法による再生

     1.私的再生と法的再生
       ○法的再生・私的再生のメリット・デメリット
     2.民事再生法申立の事業に対する影響
       ○民事再生法申立の影響の大きい事業、小さい事業
     3.あくまでも債務カットの手法
     4.民事再生法申立の留意点
     5.再生事例  (建設会社の民事再生法申立による再生)
2011年4月
実業の富山
連載「中小企業の生き残り術」  月刊 「実業之富山」 4月号
第4回 企業再生ファンド

     1.企業再生ファンドとは
     2.債権者が再生ファンドを活用するメリット
     3.再生ファンドの機能
     4.出口(エグジット)戦略
     5.再生ファンドの収益
     6.再生事例  (建設会社の再生ファンドを活用した再生)
2011年3月
実業の富山
連載「中小企業の生き残り術」  月刊 「実業之富山」 3月号
第3回 会社分割と事業譲渡

     1.会社分割と事業譲渡はどっちがいいの?
     2.会社分割と事業譲渡の違い
     3.会社分割の濫用
     4.再生事例  (シティホテルの事業譲渡による再生)
      (1)当初会社分割を検討した理由
      (2)事業譲渡になった理由
      (3)再生スキーム
2011年2月
実業の富山
連載「中小企業の生き残り術」  月刊 「実業之富山」 2月号
第2回 金融機関の進める企業再生・その2

     1.倒産件数減少、景気回復?
     2.すでに国家税収規模の資金を投入
     3.中小企業が取り組むべきこと
     4.再生事例  (温泉旅館の事業譲渡による再生)
      (1)新築旅館のビジネスモデルは成り立たなくなった?
      (2)再生スキーム
2011年1月
実業の富山
連載開始「中小企業の生き残り術」  月刊 「実業之富山」 1月号
第1回 金融機関の進める企業再生・その1

     1.金融機関の進める企業再生
     2.金融機関が再生の対象とする会社はどんな会社?
     3.金融円滑化法(モラトリアム法)の影響
     4.再生事例  (地場建設会社の会社分割の活用による再生)
      (1)再生スキーム
      (2)会社分割に伴う他の手続き
      (3)中小企業再生支援協議会の活用
2010年7月
産経新聞 企業の志魂
7/26の産経新聞「企業の志魂(こころ)」に弊社の記事が掲載
  「企業再生とM&Aの先達”勝ちを見ること衆人の知るところ”」







2009年7月
7/16の日経産業新聞に当社が掲載
  「企業再生とM&Aを通じて未来戦略へのソリューションを提供」

お問い合わせ・ 相談のお申込み
 ご相談のお申込み 03-6206-8532
       平日 9:00〜18:00

サービス一覧

建設業応援.COM

株式会社フューチャーソリューションズ

〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町1-1
神田クレストビル3F →アクセス

TEL 03-6206-8532
FAX 03-6206-8533

メディア掲載

週刊ダイヤモンド(2013.2.9号(2.4発売))の「ゼネコン特集」記事に当社代表取締役のコメントが掲載されました